ランドセルの「防犯ブザー」について

ランドセルの「防犯ブザー」について

近頃、残念ながら子供さんが犠牲となってしまうような事件をよく耳にします。
最近では、多くのランドセルが防犯ブザーを標準装備しており、ほとんどの子供が持つようになっています。

だからといって防犯ブザーだけで完全に守られるわけではありません。万が一のために、防犯ブザーの使い方をしっかり確認しておかなければいけません。と言っても使い方はとても簡単!ストラップを引っ張るだけです。

最近のランドセルには、肩ベルトついている「Dカン」というフックに防犯ブザーを引っ掛けておくのが良いでしょう。
いざという時、防犯ブザーのピンを手ですぐに引き抜くと、110デシベル前後の音が響き渡るようになっています。
ピンを元の位置に戻せば、音は鳴りやむ仕組みになっています。

その他、防犯ブザーにもさまざまな種類があります。
たとえば、子供人気のキャラクターのものなど。「ポケモンシリーズ」の防犯ブザーは、そんなに力がない小さな子供でも、使いやすいよう工夫がなされています。
この他には、ぬいぐるみタイプの「リラックマ」、「ハローキティー」や「バーバパパ」等、子供好きなキャラクターの防犯ブザーが多く販売されています。

なお、防犯ブザーは電池を使って鳴らしていますので、この電池を半年か1年に一度は交換することも忘れずに。。
いざという時に音が鳴らなかったら、防犯ブザーの意味がありません。
防犯ブザーはそれぞれの種類によって、電池の交換方法は違いますので、説明書をしっかり読んで、夏休みなどの休みの間に交換や音が出るかなどの確認を忘れないようにしてください。

大切な子供を守るために、親がしっかりと準備してあげましょう。
posted by ranran at 09:00 | ランドセル選びのポイント

ランドセル購入のポイント

ランドセル購入のポイント

ランドセルはできるだけ小学校生活の6年間、ずっと使い続けたいものです。
ランドセルを購入する際は、まず第一に「丈夫さ」と「使いやすいさ」を十分確認しましょう。

さて、ランドセルを購入するときのポイントをご紹介します。
ランドセルは、ランドセル工業会の「保証」マークのあるランドセルを選びましょう。
このマークのついているランドセルは、「社団法人日本かばん協会」が品質を認め、保証できるランドセルということですから、購入する際はこのマークを目安にするのも良いと思います。。

また、ランドセル売り場で子供に実際に背負わせてみることも重要です。
ランドセルを背負わせてみて、背負いひもが合わず、肩が痛かったり大きな負担がかかるようなら、それは子供に合わないランドセルということになります。
今のランドセルはデザイン性に優れたものなどが多く目移りしますが、形やデザインがだけで選んでしまい、結果子供の体に負担がかかったり、トラブルの原因になったりしてしまっては台無しです。できるだけ子供にランドセルを背負わせてみてください。
また、子供にとって扱いにくいランドセルの止め金などもありますので、実際に子供にやらせてみることも必要です。

そして6年間という長い間に、一番傷みやすいのがランドセルの「縫い目」です。
購入するときは、縫い目がきちんとそろっているか必ずチェックしましょう。

最後に購入するお店についてですが、もちろん信用できるお店が一番です。
元気で活発な時期の子供さんが使うランドセルなので、修理に出される場合が多いようです。
ですので、しっかりとアフターサービスが万全の信頼できるお店で買うことをおすすめします。
信頼できる親切なお店では、修理に出している期間ランドセルを貸してくれるようなサービスを受けられることも多いそうです。ありがたいですね。


また、ランドセルは季節商品のため毎年モデルチェンジをします。
そのため、決まった量しか生産しないので、遅くても2月末までに買った方が良いでしょう。
モデルや色によって、品切れしてしまうものもあるそうですよ。

posted by ranran at 09:00 | ランドセル選びのポイント

ランドセル選びについての疑問

ランドセル選びについての疑問

ランドセルを選ぶときに、人工皮革と本革の違いで迷うと思います。
結論から言うと、最近では人工皮革も本革も、6年間使ってもそれほど大きな差はないようです。
本革は、少し重く感じるかもしれませんが、革の独特の風合いが出てくるのが、最大の良さだと思います。

天然の皮革を使用したランドセルは、雨や水に弱いのでは・・・という意見があるようですが、 人工の皮革と同じ様に、しっかりと防水加工がしてあり、安心して使用できます。

コードバンと牛革は、一見同じように見えますが、その違いは何?と疑問に思う方もいると思います。
コードバンとは、馬のお尻の革で、牛革よりもとても細かい繊細構造を持っています。
傷がつきにくく、牛革に比べて3?5倍の強度があります。
馬一頭からは、1?2個分のランドセルしか取れないような、非常に貴重な革なのです。

最近、注目されているのは、肩ひもが上がったタイプのランドセルですが、本当に必要なのか、という声もあります。
この機能の長所は、子供さんの負担を軽減することです。
しかし、短所もあります。
背カンの上部にあるフックを吊るすと、肩ひもが折れてしまうことがあります。
また、ランドセルをロッカーに入れるときに、入りにくいこともあるようです。

これらの問題から、従来のような肩ひもをすすめているお店もあります。
従来の肩ひもは、背カンを接合している部分が柔軟なので、それぞれの子供の体型に合わせやすいです。
肩ひもの長さを、子供の成長に合わせて調節することで、長い間快適に使うことができると考えているようです。

ランドセルは6年間ずっと使うものなので、親御さんはランドセル選びに慎重になると思います。
疑問があるときは、お店の人や先輩ママなどに相談してみてください。
posted by ranran at 09:00 | ランドセル選びのポイント

最近のランドセルの値段の相場は?

最近のランドセルの値段の相場は?

ランドセルを選ぶ際、他の子供さんたちはどのくらいの値段のものを選んでいるのか気になりませんか?

2007年に行なったある調査によれば、ランドセルの価格帯は2万5000円〜3万5000円未満と、3万5000円以上の人が約4分の3を占め、意外と値段は高めでした。

なぜこんな高めなのか?その理由のひとつに、ランドセルはプレゼントされるケースが多いということです。
自分の子供に買う方は約25%程度でしかいなく、ほとんどがおじいちゃんやおばあちゃん、あるいは親戚の方がプレゼントしているようです。
しかも最近は、ランドセルの贈答率が増えている傾向にあるそうです。

では、ランドセルを購入する方たちは、どんなところを重視して選んでいるのでしょうか。
調査結果では「子供さんの希望に沿うこと」「色々な機能があること」との2つの割合が高く、どちらも24%を占めています。次いで「価格」が15%、「素材」が13%という結果でした。
価格重視の方はそれほど多くないようですね。

また、ランドセルを購入する場所は、百貨店やデパート、量販店が圧倒的です。
一方でインターネットショッピングも少なくありませんでした。
やはりインターネットの普及とともに、ネットショップで購入する方は毎年増加していきているようです。
しかもネットショップはウレシイ特典が付いていたり、割引率が高いことも人気の理由です。
ただ、ネットショップでは手にとって実物のランドセルを見ることはできませんが、同じものが安く手に入るのならとってもお得ですよね。そこが、ネットショップの大きな魅力なのでしょう。

これからランドセルを買おうと思っている方や、買う場所などに迷っている方は、この情報をぜひ参考にしていただければと思います。
posted by ranran at 09:00 | ランドセル選びのポイント

ランドセルの歴史と最近のランドセル

ランドセルの歴史と最近のランドセル

ランドセルの素材の歴史について、ちょっとご紹介します。

戦後は物がない時代だったので、「サメの皮」を使用していました。
そして、それが現在のような箱型ランドセルの原型となったそうです。
サメ皮は耐久性があるためランドセルの材料としては十分に役立ちました。

一般にランドセルが広まるのは、昭和40年の後半からです。
戦後のベビーブームにより、ランドセルが普及したのです。
昭和の初期は「豚革」を使用したランドセルが一般的だったようです。
当時、「牛皮」は貴重品だったので、ランドセルの素材としては使われることはありませんでした。

現在のような箱タイプのランドセルは、昭和30年代から普及し始めたそうです。
当時のランドセルは荷物を入れることを目的として作られていました。それ現代のランドセルの原型といえるものです。でもその時代のランドセルには仕切りはありませんでした。
その後ランドセルは通学用のカバンとして進化を続け、内部の仕切りやポケットを作り、教科書や筆記用具などを個別に入れ、整理できるようになりました。


ランドセルの定番と言うと、男の子は「黒」で女の子は「赤」でしたが、最近のランドセルは、高島屋が12色で、イオンは24色など、いろんな色を展開しています。
ある調査では、女の子は「ピンク系」が47.5%と最も人気があるようで、次に「赤」32%、「青系」も7.5%とのことです。男の子は昔と変わらず「黒」が62.5%を占めており、その次に「青系」が18%だそうです。

また、キャメルなどの「茶色系」も人気が高くなってきています。
「茶色系」は高学年になっても飽きず、服の色を選ばないので、どんな色の服を着ても合わせやすかったりすることが人気の理由なのでしょう。
最近は服の色に合わせられるよう、ランドセルのデザインや色の違いで、2個も購入してその都度使い分けているおしゃれな?親子もいるようですね。
また好きな洋服のブランドと同じブランドのランドセルを購入する方も多いようです。

最近の素材は、「人工皮革製」と「天然皮革製」があります。
「人工皮革製」の特徴は、軽く雨や水に強く、色の種類が多いところです。
一方「天然皮革製」の特徴は、少し重く感じ、傷つきにくいのですが、使えば使うほど味が出てきます。
最近では加工技術がかなり進歩していて、人工皮革製と天然皮革製の丈夫さはあまり差がないようです。
そのため人工皮革製が主流となっています。

また最近は防犯ブザーを装着する金具は標準装備になりつつあります。親御さんは、安全面への関心が非常に高いですからね。暗い場所で車のライトなどに反射する、「反射材」をつけているランドセルも多くあります。
posted by ranran at 15:36 | ランドセル選びのポイント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。