ランドセルに上手に入れるコツ

ランドセルに上手に入れるコツ

最近のランドセルは機能性にとても優れていますが、上手に教材などを詰めないと、全部入りきれないことがあります。
上手にランドセルに物を詰めるにはちょっとした工夫が必要です。ご紹介します。

まず、ランドセルの背中の部分に大きな収納部があります。
普通は、ここに教科書や筆箱、教材などを収納すると思いますが、ただそのまま入れるだけだと、歩いているとバラバラになったり、重く感じることがあります。
そこで、少し入れ方を工夫してみます。
背中側に大きいサイズの教科書を入れ、外側には小物類を入れると、安定して背負うことができます。

さらに、外側の小さなポケットを利用することでより便利になります。
真ん中のポケットには、連絡帳などの毎日必要なものや、雨具などを入れておくと安心です。
他にジッパー付きの小さなポケットがあれば、そこにハンカチやティッシュなどの小物を入れておくとよいと思います。

また、ランドセルの収納力は中身だけではなく、外側にもあります。
サイドに付いているフックは、給食袋などを吊り下げることができるので、手に持つ必要はありません。
ランドセルによっては、両サイドにフックがついたものもあるので、使い方によって非常に便利です。

posted by ranran at 09:00 | ランドセル「プチ」情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。