6年間の思い出を「ミニランドセル」に

6年間の思い出を「ミニランドセル」に

6年間使い続け、たくさんの思い出が詰まったランドセルを捨ててしまうのは、ちょっと寂しいですよね。。。
だからといってそのまま保管しておくにしても、場所をとってしまい困る・・・、という方には「ミニランドセル」がおすすめです!

「ミニランドセル」は、ランドセルメーカーの職人さんが、ひとつひとつ丁寧に手作りで製作しています。
しかもこのミニランドセルは、6年間の思い出が詰まったランドセルを元に製作してくれます。
6年の間にできたキズまで活かして再現してくれますので、思い出がぎゅっと詰まった一品になるのです。
もちろん、ミニランドセルは小物入れとしても活用できます。
この一品は、あなただけの大切な宝物になること間違いなしです。。

ミニランドセルは、使用していた名札などはそのまま使ってくれます。
少し磨り切れた肩ベルトなど、使い込んだ証もそのまま残してくれます。
たとえ小さくなっても、思い出はその当時のままですよ。

大事なランドセルを残しておきたいけど、捨ててしまおうかな・・・と考えている方は、ミニランドセルへ変身させてあげることもぜひ考えてみてください。ランドセルも、きっと喜んでくれると思いますよ。
posted by ranran at 09:00 | ランドセル「プチ」情報

CORSOあぶらやのランドセルのメンテナンス

CORSOあぶらやのランドセルのメンテナンス

さいたま市にある「CORSOあぶらや」さんは、ランドセルのメンテナンスを丁寧に行なってくれます。
しかも修理などを行なうのは、社長さん自らだそうですよ。

ほとんどの場合、事前に連絡して金曜日など学校が休みに入る前にランドセルを修理に出せば、月曜日には修理が終わっているため、そのランドセルで学校に行くことができます。

修理の内容ですが、壊れた場合以外には、標準より小さめの子供には、肩ベルトをその子に合った短い物に変えることができます。逆に、体格の良い子供には、肩ベルトを長い物に変えることもできるそうです。

その他メンテナンスとしては、ランドセルを安心して6年間使えるよう点検やクリーニングを行なったり、部分的な色の補正などを行っています。革を使用している部分にはオイル塗りをします。
全てのメンテナンスが丁寧なので、本当に安心して使用できます。


近くにお住まいの方はぜひ「CORSOあぶらや」でランドセルを購入することをおすすめします。とても便利で機能性に優れたランドセルが揃っています。また春休み、夏休み、冬休みの間をアフターサービス月間として、点検、内側のクリーニング、革製部分のオイル塗り、色の補正を無償で行ってくれます。

なお、「CORSOあぶらや」のランドセルは、「URAWA CORSO ABURAYA」と内側に保証印が押してあるので、保証書を提示する必要がありません。メンテナンスを希望の方は、事前に連絡をしてから来店してくださいね。または、宅急便で送ってもいいそうです。
posted by ranran at 09:00 | ランドセル「プチ」情報

ランドセルに上手に入れるコツ

ランドセルに上手に入れるコツ

最近のランドセルは機能性にとても優れていますが、上手に教材などを詰めないと、全部入りきれないことがあります。
上手にランドセルに物を詰めるにはちょっとした工夫が必要です。ご紹介します。

まず、ランドセルの背中の部分に大きな収納部があります。
普通は、ここに教科書や筆箱、教材などを収納すると思いますが、ただそのまま入れるだけだと、歩いているとバラバラになったり、重く感じることがあります。
そこで、少し入れ方を工夫してみます。
背中側に大きいサイズの教科書を入れ、外側には小物類を入れると、安定して背負うことができます。

さらに、外側の小さなポケットを利用することでより便利になります。
真ん中のポケットには、連絡帳などの毎日必要なものや、雨具などを入れておくと安心です。
他にジッパー付きの小さなポケットがあれば、そこにハンカチやティッシュなどの小物を入れておくとよいと思います。

また、ランドセルの収納力は中身だけではなく、外側にもあります。
サイドに付いているフックは、給食袋などを吊り下げることができるので、手に持つ必要はありません。
ランドセルによっては、両サイドにフックがついたものもあるので、使い方によって非常に便利です。

posted by ranran at 09:00 | ランドセル「プチ」情報

中島商店のウワサの「ランドセルカバー」

中島商店のウワサの「ランドセルカバー」

今、中島商店の「ランドセルカバー」は、口コミで広がり大人気となっています。
特に大人気商品の「透明ビニール地タイプ」は、バイアスカラーもさまざまあり、校章付きのランドセルでも校章が隠れることがありません。
また、新一年生に人気なのは、黄色のバイアスカラーを使用したランドセルカバー。
そのほかA4サイズ対応のものや、B5サイズといった特注品まで取り扱っています。


人気のランドセルカバーは、「タータンチェック」。薄い生地の上に透明のビニールで覆って製作しています。
この商品は、A4サイズ対応のランドセルに適合しています。
サイズは、横幅が約26cmで縦が約46cm、価格は1,470円です。

そのほか、キルティング材で作られたランドセルカバーも人気で、黒、赤、紺、ピンク、緑、水色があり、価格は1,260円です。

一番のおすすめは、ビニール地のものです。
透明のビニールで作られていて、ランドセルに合ったバイアスカラーを用意しています。
透明だと、私立小学校で使用される校章付きのランドセルでもはっきりと校章が見えて安心ですよね。
サイズはA4サイズから、特注品まであります。実寸サイズがない場合は、注文の際に要望欄に希望のサイズを記入すれば、そのサイズに合わせてくれるそうです。

中島商店の「ランドセルカバー」は、全てが受注生産で、先払いで入金してからの生産・発送となっています。
また、丁寧に一つ一つ手作業で制作しているので、混雑時には時間がかかる場合があるようですのでご注意ください。。
ネット販売もしているようですので、ぜひチェックしてみてくださいね。
特に3月〜5月は、入学シーズンとなり非常に混み合います。早めの注文をおすすめします。
posted by ranran at 09:00 | ランドセル「プチ」情報

ランドセルを長持ちさせる正しい使い方と手入れ

ランドセルを長持ちさせる正しい使い方と手入れ

ランドセルを長持ちさせるための正しい使い方をご存知ですか?ちょっとご紹介しますね。

■背負いひもの長さをこまめに調整
まず、背負いひもを適当な長さに調整することです。結構これは忘れてしまいがちなのですが、とっても大切なことです。
背負いひもをきつくしすぎると、ひもが身体を圧迫することになり疲れてしまいます。
逆にゆるくしすぎると、背負ったときに違和感があります。
子供に合った適当な長さとしては、ランドセルと背中の間に子供の手が入るくらいの隙間ができるのが理想です。

また、子供の成長とともにひもの長さも長くしていきますが、夏と冬でも服の厚みが違うので、ひもの長さを調節するように注意しましょう。背負いひもの長さは、こまめに確認することが大事なのです。

■ランドセルカバーについて
近年、交通安全のために新一年生に黄色いランドセルカバーを無料で配っています。
これは、交通安全の面では非常に役に立ちますが、ずっとそのままランドセルにかぶせたままにしないよう注意してください。
そのままかぶせておくと、はがすときに革の表面が傷ついてしまったり、剥げたりしてしまうことがあります。
カバーは少なくとも週に1 回は外すように心がけましょう。

■ランドセルの置き場に注意
また、冬に注意しなくてはならないのが、ランドセルをストーブの周りに置いたりしないことです。
ストーブの熱で、ランドセルが変形してしまうだけでなく、火事の原因にもなる可能性がありますので注意が必要です。


ランドセルは小学校生活の6年間ずっと使うものです。次に家庭でできる、ランドセルの手入れの仕方・簡単な修理の方法をご紹介します。

■雨で濡れてしまったら
ランドセルが雨や水に濡れてしまったら、すぐに乾いた布で拭いて日陰に干してください。濡れたままにしておくと、革が硬くなりひび割れてしまうことがあります。

また、夏に汗をかくと、背負いひもや背中の部分も濡れているので、雨のときと同じよう、よく汗を拭いてから日陰に干しましょう。さらに効果的なのは、10日に1度くらい、全体をクリーナーやシリコン液で拭くことです。

■目立つ汚れ
汚れが目立ってきたときは、天然皮革のランドセルの場合、まず専用のクリーナーで汚れを拭いたあと、シリコン液かワックスを、布などにつけてよく全体を磨いてください。革の表面に薄い被膜ができ、水や傷、汚れなどがつきにくくなります。
そして最後に湿気を吸い取りやすい布で、空拭きするときれいになります。

また、合成皮革のランドセルは、汚れた部分を中性洗剤で拭いてから、よくしぼった布で水拭きします。
そして、天然皮革と同様にシリコン液やクリーナーで拭きます。
どちらにしても、汚れに気づいたら、すぐに手当てをしてあげましょう。

■ランドセル表面が硬くなってしまったら
長い間、ランドセルを使っていると、雨や汗によって背負いひもや背中の部分が硬くなってしまうことがあるようです。
このような場合は、保革油を少し塗り込むとだんだんと柔らかくなってきます。
ただし、保革油をつけすぎると革が柔らかくなりすぎてしまうので注意が必要です。


・・・でも、ランドセルの状態が手に負えないような時は、購入したお店でアフターサービスを利用しましょうね。
posted by ranran at 09:00 | ランドセル「プチ」情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。